なかちゃんの別館

bekkann2.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 18日

蓮池で

いました いました 蓮池に!

お元気な姿の HIROさんです
ご病気で
入院されたのは知ってましたが
退院され
もう 少しで完全復活です
今は 
たかだか 1ヶ月1度の通院です
この池に カワセミ君 くれば
カメラを持った HIROさん
飛びまわるでしょう 
ガンバ!HIROさん

良かった 良かった!



小さな池に行く途中 
江ノ電が走ってます
電車 初撮影です
UPしてみます


この2、3日 天候?です




蓮池もうこんなに咲いていました
カワセミ君 期待でした 
でも もっといいお知らせでした
f0281533_18243465.jpg


蓮のはな ゆっくり見た事はありません
どうか カワセミ君 飛来 飛来 お願いします
f0281533_1824538.jpg


初めて 撮った 江ノ電
f0281533_1825678.jpg


この池の藩主 「ワイが姉御どす」
f0281533_18252521.jpg


聞かれます? なかちゃん レンズ最近換えた?
いえ 300mmF4ですよ! と 答えます
f0281533_18254059.jpg


# by snakasaku | 2013-07-18 05:00 | Comments(0)
2013年 07月 17日

鈴虫

鈴虫を頂きました
数十匹います 立派な籠に入ってます
まだ あの鳴き声は聞こえません

送り主は
柏山公園の花を育てている
あのやさしい「お母さん」の旦那さん

この 「お父さん」も優しいです
自分で孵化(羽化)させ 
幼虫を近隣の幼稚園・小学校に配ります
幼稚園の園児から
“ありがとう”の手紙いっぱいありました

ご夫婦そろって とても やさしい人達です
ありがとう ございました
50年も前に飼ったことがあったかな?

さて 今日のカワセミ君
その 公園の隣の池に
2羽でいます 追っかけもあります
1羽は口ばしが赤く♀
もう1羽は?  2番子でしょうか







確かに2羽います
f0281533_16165931.jpg

♀です 1番子?
f0281533_16165478.jpg

2番子? この川には2番子は数羽でています
f0281533_16173446.jpg

2番子
f0281533_16173064.jpg

2番子
f0281533_1618844.jpg



何か写真がくっきり来ないな・・・WBのせい・・・腕のせい




スズムシ - Wikipediaより飼育の仕方

飼育は非常に容易で、キュウリやナスを主な餌とし鰹節など動物質の餌を与えると、共食いも防げる。ジャンプ力はあるが、ガラスやプラスティックは上らないため、ある程度の高さがあればプラケースやガラス水槽などで飼育できる。赤玉土などを敷いて湿度を保っておくと雌雄がいれば容易に産卵する。翌年まで湿度を保っていると、5月下旬から6月上旬ぐらいに数週間かけて孵化する。地域の気温、飼育場所の温度差により差異もあるが、何回か脱皮をすると早い個体では7月下旬ごろ成虫になる。鳴く虫は秋のイメージがあるが、本種含め本来は比較的暑い時期から鳴き始める。最近ホームセンター等で晩春から初夏にかけて売られている成虫個体は温度管理により羽化を早められたものである。

上記の通り、キュウリやナスはもちろん、カボチャやサツマイモに至るまで食べる。自然界においてはススキやクズの群生地で野生個体を多く見かける為そのことから、食草は比較的幅広いと推測出来る。

# by snakasaku | 2013-07-17 05:00 | Comments(0)
2013年 07月 16日

スモッグは駄目

被写体が「モヤ」に包まれると
写真は輪郭・色合いが鈍る
綺麗なカワセミ君だって同じ
本日
光化学スモッグ注意報発令中

日中 結構な数 撮影しました
なかなか 良いのがありません

川での撮影(遠距離)の影響もあります
勿論  腕も 機材も あります

残念ながら
今日は 暑い中 
成果がありませんでした





なかなか カワセミ君 来ません
オナガくんが水浴びに
f0281533_1930574.jpg


オナガ君 大きいから 写しやすい
f0281533_19312915.jpg



f0281533_19313278.jpg


本日の カワセミ君 これでおしまい
f0281533_193223.jpg


# by snakasaku | 2013-07-16 05:40 | Comments(0)
2013年 07月 15日

小さい池の撮影から   

さすがに 暑いです
今日(7/14)は 鳥撮 お休みしました
最近の撮影から UP します








f0281533_14284227.jpg


f0281533_14292323.jpg


f0281533_14292612.jpg


f0281533_14295396.jpg


f0281533_14295093.jpg



カワセミ君 
小さな池では 沢山 遊んでくれました
水絡み バトル 夕日の撮影 暗所の撮影 等


ここに来る カメラマン みんな親切です
みなさん ありがとう!

# by snakasaku | 2013-07-15 05:22 | Comments(0)
2013年 07月 14日

今日も元気で!

今にも 降りそうな なか
今日も カワセミ君 求めて行きます

情報では
蓮のある公園 2つ 出が悪い
南の公園 早朝のみ
西の公園 昨日 良
小さな池  出が悪くなった
川 も イマイチ です

こんな状況で カメラマンは どこへ
なかちゃん は
蒸し暑い中 小さな池へ

13時過ぎ到着 待つこと 1時間
あの ♀君です
可愛いです でも 5分間のみ
天候も良くなく 良いのが撮れません

そんな中 
「ガビチョウ」が飛来しました
先日来 目撃されていますが
実際 撮影は初です







f0281533_17541624.jpg


f0281533_17543635.jpg


f0281533_17545838.jpg

ガビチョウ  暗くて??
f0281533_17551793.jpg




ガビチョウ(画眉鳥、学名 Garrulax canorus)はスズメ目チメドリ科に分類される鳥。同属のカオグロガビチョウ、カオジロガビチョウと共に外来生物法で特定外来生物に指定されており、日本の侵略的外来種ワースト100選定種にもなっている。

中国南部から東南アジア北部にかけて広く生息する。 日本では、ペットとして輸入された個体がかご脱けにより定着した。日本国内では留鳥として生息し、南東北、関東、中部、九州北部で見られる。本種が多く観察されるポイントとして、東京都内では高尾山が有名である。

南東北への侵入が確認されたのはごく最近であり、関東地方から分布を広げてきたようだが、地上採食性なので積雪による影響を考えるとこれ以上の北上はないとされている


# by snakasaku | 2013-07-14 05:00 | Comments(1)
2013年 07月 13日

近ければ近いほど

今日のカワセミ君 “そこ”に止まりました
数m以内 BIG CHANCE です
これはとまり物でOKの筈
結果も良し 

大きな池です 1ヶ月半ぶりです
雛達が大きく成長してました
ビックリです 

この池には2~3羽います
「ズボーン」
カワセミ君飛び込みの音です
それで シャッター切っても
当然 駄目です
広い故 難儀です

「お水」 なし でした



これぞ とまりもん  
桜カワセミ サクカワです
f0281533_19444510.jpg
f0281533_19444964.jpg
f0281533_1945789.jpg
f0281533_19452216.jpg
f0281533_1945395.jpg


# by snakasaku | 2013-07-13 05:00 | Comments(3)
2013年 07月 12日

予想通り

全くパターンが変わってしまった

午後 姉 は やってきますが
奥の止まり木しか 止まりません
カメラマンに近い所には来ません
結構 距離があります
西日もきついです

止まり木に来るとき
何故か 短いホバをします
とまり木でも
留まりながら 「ホバの真似」を

今日のパフォーマンスは それのみ
飛び込みもありません

もう 完全に父はいなくなりました






f0281533_2092340.jpg



f0281533_2093956.jpg



f0281533_2095298.jpg



f0281533_2010470.jpg


# by snakasaku | 2013-07-12 05:00 | Comments(0)